スキップしてメイン コンテンツに移動

[C#]ReSharperを使ってCILを見る

こないだセールで買ったReSharperですが、さっそくReSharperの機能をことごとくオフにしていってしましました。
(決してReSharperが重いということはない(建前)けど、VisualStudio標準のサジェストとかが優秀になってきたからそのあたりはわざわざReSharperじゃなくていいやということです)

その中で、唯一ReSharperの強みがあってIL Viewerです。

表示の仕方は簡単で、ツールバーのRESHARPERからTools => IL Codeと押すだけです。
最新のCILを反映させるにはビルドする必要があります。

最初のコード

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace SampleProject1
{
    class CilTest
    {
        private readonly string text = "";

        public void Main()
        {
            Console.WriteLine("Hello CIL!");
        }

        public string Text => string.Empty;
    }
}

無駄にusingしてたりしますが、このコードのCILを眺めましょう

.class private auto ansi beforefieldinit 
  SampleProject1.CilTest
    extends [mscorlib]System.Object
{

  .field private initonly string text

  .method public hidebysig instance void 
    Main() cil managed 
  {
    .maxstack 8

    // [15 13 - 15 45]
    IL_0000: ldstr        "Hello CIL!"
    IL_0005: call         void [mscorlib]System.Console::WriteLine(string)

    // [16 9 - 16 10]
    IL_000a: ret          

  } // end of method CilTest::Main

  .method public hidebysig specialname instance string 
    get_Text() cil managed 
  {
    .maxstack 8

    // [18 31 - 18 43]
    IL_0000: ldsfld       string [mscorlib]System.String::Empty
    IL_0005: ret          

  } // end of method CilTest::get_Text

  .method public hidebysig specialname rtspecialname instance void 
    .ctor() cil managed 
  {
    .maxstack 8

    // [11 9 - 11 43]
    IL_0000: ldarg.0      // this
    IL_0001: ldstr        ""
    IL_0006: stfld        string SampleProject1.CilTest::text
    IL_000b: ldarg.0      // this
    IL_000c: call         instance void [mscorlib]System.Object::.ctor()
    IL_0011: ret          

  } // end of method CilTest::.ctor

  .property instance string Text() 
  {
    .get instance string SampleProject1.CilTest::get_Text() 
  } // end of property CilTest::Text
} // end of class SampleProject1.CilTest

現状わかるものから考察していきましょう

  • System.Objectを継承している
    • コード上では省略していいけど実際には継承しているというのはCIL的にわかるようですね
  • .field => フィールド
  • initonly => readonly
  • .method => メソッド
    • instance => インスタンスメソッド
  • ldstrで文字列をスタックに格納
  • callでメソッド呼び出し
    • CILについていろいろと調べると仮想メソッドは別の呼び出し方法があるみたいですね
  • ret => return
  • getter only propertyはget_{PropertyName}というメソッドが生える
  • ldsfld => static fieldをスタックに格納?
  • コンストラクターは.ctorメソッドになる
  • stfld => フィールドに値をセット?
  • .property => プロパティ

CILについて全く知識がないので正確ではないことを言ってるかもしれないですがC#側からこれらのことを推測しました。

CILについては冬に時間と金(書籍購入)をかけてやっていきたかったのですが、Fodyで使いそうなので急ぎの調査という感じです。


ついでに購入予定の書籍紹介(他にいいのあれば教えて)(というか1つ目以外買っちゃった)

コメント

このブログの人気の投稿

Stellaris 2.0.1 植民スパムプレイ

さっそくですが、友達との3日がかりのマルチプレイ終わりました。

銀河設定は中サイズ(600)、リング2、中盤の危機75年早く、終盤の危機100年早く、技術・伝統コスト0.5倍、難易度普通って感じでした。

そして、自分のプレイングは機械帝国植民スパム、友達は内向き牧歌でした。
最終的な国力としては機械帝国植民スパムのほうが強く、序盤から中盤は内向き牧歌のほうが強かったです。

機械帝国植民スパム はい、前回も言いましたが2.0から植民スパムゲーです。2.0.2からは前哨地維持費がかかるようになり更なる植民スパムゲーにもなりそうです。
植民スパムするからには、まぁロボットか機械帝国って感じなんですが、今回はゲーム進行が速い設定なので機械製造速度アップにガン振り帝国にしました。生産はエネルギー重視で、直轄地に鉱物惑星・研究惑星があるような感じにしました。
それでも、機械帝国は序盤の成長が遅く、鉱物を大量に消費するので、周りの帝国との不可侵条約はかかせません。直轄地6惑星(母星・エネルギー、エネルギー、研究*3、鉱物)の発展が終われば、今度はセクターの開発です。 まぁ、セクターの開発なんか物資さえ送り込めば勝手にやってくれるのでいいですが、エネルギー重視の生産なので鉱物の面倒は見てやらないとダメです。
帝国所有惑星が20ぐらいになれば、まぁ中銀河(サイズ600)なら敵なしですかね。あとは軍拡するだけです。
中盤の危機と終盤の危機 前述の通り危機はかなり早く発生するようにしたのですが、なんと中盤の危機がいっこうに発生しませんでした。発生したのは終盤の危機に立ち向かってるとき…おい()
終盤の危機は機械帝国プレイだったのでもちろんのようにコンティンジェンシー、中盤の危機は機械の反乱でした。
中盤の危機に関しては機械帝国プレイなので自分はどうでもよかったのですが、終盤の危機はがんばらないとまずかったです。コンティンジェンシーなので機械の生産-40%補正がつくので、スペシャルプロジェクトで解除(自分の研究力500ぐらいでは50か月ぐらいでした)しない限り国力が持ちません。
コンティンジェンシーは艦隊戦力が300k+100k*2の集団が4つほど湧いて100k艦隊は時間とともに増え続けるので急がないといけませんが、解除さえすればあまり余る国力で殴り続けるだけでしたね。終盤の危機の間に…

Stellaris ver2.0 Apocalypse プレイ感想

タイトルの通り大型アプデ後での友人とのマルチプレイでのプレイ感想です。

変更内容に関してはこちらのサイトで日本語訳された内容が公開されています(本当に助かりました)
Simulationian.com - 「Stellaris」開発日記#105――2.0「チェリイ」パッチノート

使用した帝国について 細かい設定は覚えていませんが(確認するのもめんどくさい)、有機生命体で狂信権威・平和主義で国是にアップデート内容の生まれた生命(Life-Seeded)を選択しています。 狂信権威について アップデートにより帝国の領域を増やすには星系ごとに影響力(1回限りに支払い)を使い前哨地を建てていく必要がありました。そこで狂信権威を選択したのですが、プレイスタイルが悪いのか、よく奴隷が不満を抱えストライキ?を起こしてしまいました。これに関しては防衛設備を地上に建て防衛軍を増やすことで対処できますが、タイルを無駄に消費している感じがすごいあります。 影響力が毎月4増えるのは領域を増やすのに好都合でしたが、Life-Seededとの相性が微妙でした(後述)。 Life-Seededについて 自分の種族がガイア型惑星にしか住めなくなるが、母星がガイア型25でスタートします。使用感想としては初期ブーストはいいかな?って感じです。ただ、アップデート後の環境ではプレイスタイルを頑張らなければ弱いかなと。その理由としては、まずアップデート後は研究コスト補正にPOP数が関係なくなり領域星系数が関係あるようになりました。つまり領域が大きければ大きいほどコストが高くなるということ。星系の資源はプレイヤーではどうしようもならない固定資源のようなものですから、それに頼って領域を大きくし過ぎると研究コストがすごいことになってしまいます。植民地を確保して賄おうにもガイア型にしか住めないのでかなり増やしにくいです。 ガイア型にしか住めないというのは、有機生命体であってロボットなら他のタイプの惑星に植民できるというのであれば、Life-Seededはロボットプレイをするしかないのかもしれないですが、これに関しては未検証です。
プレイスタイルについて 今回自分がとったプレイスタイルは要塞でガン守りキメるガチ芋戦略です。アップデートで要塞関連が変わり結構使えるものになったらしいので。 防衛プラットフォームを上限まで…

Xperia XZs SOV35をAndroid 8.0にアップデートしてみた

はい、タイトルの通りですが02/9の夕方ごろ8.0へのアップデートが降ってきたので、メイン機であるXperia XZsの人柱アップデートをしました。後悔はありません(今のところ) アップデート中は昼寝していたのでどれほど時間がかかったのかはわかりませんが電池の減りは20%ぐらいでした。


PiPを試そうとアレコレやってみたのですがどうもYouTubeはYouTube Redに入ってないとダメみたいです。
いちおうGoogle Play Musicの定額には入ってるんですけどね…日本でもYouTube Red始まらないといくらVPNでアメリカ装ってYouTube Red使おうにもGoogle Play Musicの定額連携はされないみたいです。 いちおうPiPはGoogle Mapの経路案内を開始で試しましたが、経路案内なんか今までしたことなく……使うこともなさそうでした。ChromeとかでもPiPできそうでしたがYouTube Webのほうを開いて動画流しても上手くできず…どのサイトが対応してるかはわかりませんでした。
設定画面からPiP対応のアプリを見ることはできますが、これ、信用できないですねぇ~~~