Rainbow Six Siegeのオペレーションキメラのアウトブレイクが完全にL4D2な件に関して

どうも、にわか🌈勢です。
本日2時間程かけてRainbow Six Siege TTSをインストールして友達とアウトブレイクをしてみたので感想を。

プレイ前の公開情報からL4D2っぽいな~~と思っていましたが、やっぱりL4D2ですね。

L4D2とはどんなゲーム?
→街の中を移動しながらゾンビを倒し街から脱出するFPSゲーム、ゾンビの中には特殊な個体も存在します。

はい、そのままアウトブレイクに来ましたね。
1ゲームしかしてませんがブーマーとタンクのようなものが出てきましたし、見た目はウィッチっぽいのもいましたね。あと、ハンターのような拘束系のゾンビも。

個人的な感想としてはL4D2っぽいし疲れるかな。即アンインストールしました(原因はストレージ圧迫です)。個人的にはワールドウォーZ(映画)のようにトリガーハッピーといいますか、普通のゾンビを軍隊がなぎ払うような感じがよかったんですが、ゲーム性を追求すると特殊感染者といいますか、強い敵を出さないといけないってことですかね。

製品版に出てきたら暇つぶしで何回かやることになると思うのでそれまではお預けですね。明日にはStellarisのアプデきますし。

コメント

このブログの人気の投稿

Stellaris 2.0.1 植民スパムプレイ

Stellaris ver2.0 Apocalypse プレイ感想

Xperia XZs SOV35をAndroid 8.0にアップデートしてみた